豊橋市では少子高齢化問題への対策として、将来の人口減少に備え、医療・商業施設などの都市機能を集約する事によって、車社会である豊橋市を「歩いて暮らせるまち」へと変貌させる為、立地適正化計画の策定を進めています。この策定は計画案ではありますが、「都市機能誘導区域」として豊橋市周辺だけでなく、JR東海道本線二川駅、路面電車の井原停留所周辺、藤沢のイトーヨーカ堂周辺、豊橋鉄道渥美線の南栄駅周辺、大清水駅周辺、石巻中学付近の和田辻周辺など6地域で都市機能の集約を行うという発表をしました。今年度末にこの計画を纏めるとの事です。豊橋市は車が無ければ生活に不便が出る事が多い町ですが、病院や商業施設が駅周辺に纏まる事で車が無くても生活出来る町になる日を迎えらえるかもしれません。

この計画案は、市議会建設消防委員会に提示され、市街地の拡大が進んでしまっている豊橋市では、豊橋市周辺がひと昔前より活気を失っている事により、公共交通沿線が、このままでは維持できなくなる恐れがあるとの事でした。確かに、藤沢周辺はイトーヨーカ堂を中心に賑わい、向山周辺もアピタを中心に賑わっています。イオン豊橋南やニトリなども郊外に作られており、豊橋駅周辺には集客力のある施設がない為、町離れに近い状態になってしまっています。

更に、市街地では高齢化が深刻な問題となっており、増加する高齢者の生活を支えていくことも避ける事の出来ない課題として残っています。こうした高齢者が車に乗らなくても普段の生活が行えるようにする為には、商業施設や医療機関が纏まっている地域を作る事が必要になってくると思われます。

こういった事がキッカケとなり、豊橋市は立地適正化計画の策定に着手したようです。前述した都市機能を集約して「歩いて暮らせるまち」「暮らしやすいまち」を2020年のオリンピックイヤーでの完成を目指して計画を進めているようです。豊橋駅周辺は、駅の利用圏半径1㌔程度を基本とし、ほの国の中心にふさわしい「都市拠点」としてのまちづくりを目指すようです。豊橋駅周辺は10数年前に比べると店舗の数も減り、駅前商店街も以前の活気を失っています。こういった事もあり、商業施設や金融施設だけでなく、スポーツセンターや文化センター、また企業などあらゆる施設の維持、誘導を図る模様です。また、豊橋駅周辺だけでなく、JR東海道本線二川駅、路面電車の井原停留所周辺、藤沢のイトーヨーカ堂周辺、豊橋鉄道渥美線の南栄駅周辺、大清水駅周辺、石巻中学付近の和田辻周辺など6地域でも、医療機関や規模の大きい小売店、金融施設など、日常生活を送る為に必要な都市機能を維持、誘導する見込みです。活発な豊橋を作り上げてくれる事を願います。

豊橋市がもっと元気になってくれる事は豊橋市民として非常に喜ばしい事ですね。計画の完成が楽しみですが、それ以上に若者の県外流出に歯止めが掛かってくれる事を心から願います。